経験人数

ヘッダー

経験人数が平均よりも多いと男性は引く?

経験人数、つまりセックス、性交渉が多い人の場合、20代女性ではどのような問題が起こってしまうのでしょうか。

現在は、昔の日本とは異なり、かなり性に対して奔放になった、若者が変わってしまったと言われていますが、これは問題ともなっています。 しかし、全国平均値は一昔前とは違い、マスコミなどや、少女漫画などの性描写の激しさが増し、子どもたちが性交渉に対して、興味が赴くままに、また抵抗がなく、行ってしまうことがあるようになってしまった、と言われています。

また、セックスをしたことが無いパターンでは、処女の女性を差別する傾向などが、上記の漫画やマスコミなどによってエッチな造語などが作られてしまったり、これが男性に対しても、経験人数が全くない人に対して、童貞、などと言う言葉やチェリーボーイなどという差別的な言葉を、漫画などが、面白おかしく相手を傷つけるように、また侮辱するように記載をしているケースがあり、そのために、少しでも多くの経験人数を嘘で多くしようと、男性や女性が躍起になって、性交渉を行ってしまうというケースなどがあります。

そのため、親御さんから、上記のようなマスコミや少女漫画などの性描写の激しさについて苦情などが行くと同時に、そのため上記のようなコミックスや雑誌の売り上げが落ちたケースなどもあります。

まったく経験人数がゼロでも良いイメージはない?

親御さんとしては、子どもさんが早くから経験人数を多いことを誇りにすることなどは、とても耐えられないことであり、同時にしっかりとした親御さんの場合には、女性で経験人数が多いことは恥ずかしいこと、異性との性交渉が多い場合には、それは恥ずかしいことであると教えてくれるからです。

また、同時に経験人数が多いと、それだけ妊娠をしてしまう可能性も大幅にあがります。

まず、全国平均値の性交渉の数が多いほど、当然ながら上記のように望まない妊娠をしてしまう可能性が上がり、望まない妊娠の結果、20代女性が赤ちゃんを殺すことになってしまったり、赤ちゃんを施設などに預けなければならないなど、世間的にも差別されるような視線に晒されることになるものです。

また、同時に風俗嬢やキャバクラ譲などのシチュエーションには、これらは特集などがされてエッチが問題にもなっていることですが、どうしても仕事の関係などから、またお金のために、または自分の性欲を満たすために多くの男性と性交渉を重ねて、経験人数が多いほど、売り上げに貢献できるということで、自分から積極的に性交渉に誘うキャバクラ譲などもいます。

このように体を売って、経験人数を平均より増やし男性にお客様になってもらうことで、ノルマなどをこなしより多くのお金を得るため、楽に暮らすためでもあり、このようなことから、経験人数が多いことで、当然ですが、性病などの確率もあがってしまうと言われています。

全国平均値よりも経験員数が上回っている女性

しかし、それらを婦人科の先生などが注意をした場合でも、上記のような性交渉などに奔放な女性の時には、それらを気にせず、多いことをむしろ誇りに思っている女性もいます。

また逆に、全国平均値は性交渉に対して控えめな大和なでしこと呼ばれるような女性や、貞操観念がしっかりとしている女性、一途な女性を見下すことで優越感に浸る女性などもおり、このようなことから、経験人数の多いことを誇りにし、自分の精神を保っている、または嘘でも多いことをプライドをかけて、他の女性と経験人数争いをして、どちらがより性的に魅力的であるかどうか?などを競争するような女性もいます。

このように、20代で経験人数にこだわる女性のパターンには、心に闇を抱えているケースもあれば、上記のように、プライドなどや自分への魅力、異性へのこだわり、性欲求や自分への男性への視線がたまらず快楽になっており、快楽などのために、病気になることなどを医師から指摘されても、決して経験人数が多いことを、恥ずかしいと思わない、このような傾向があります。

経験人数が多い女性のケースには、上記のように、平均すると多くの男性と性交渉を行っているため、エッチは当然ながらそのような男性が性病などを持っていた際には、その男性と性交渉をした結果、さらに他の男性に性病をうつしていくという悪循環がどんどんと起こっており、これはニュースなどでも度々、問題になっています。

このような感染経路のもとには、上記のようにキャバクラ譲などの存在があり、それでも、いくら医師などに忠告されたとしても、自分がちやほやされたい、自分が認められたいなどの自己顕示欲などが強いケースなどがあるため、なかなかこのような癖などを治すことが出来ません。

経験員数だけでエッチが好き、遊んでいるという判断は難しい

そのため、本当に悔やむ場合には、本当に好きになった人に平均とはかけ離れた経験人数などの関係で拒絶され、嫌悪感などから一切口をきいてもらえなかったり、憎まれたり、気持ち悪がられる時です。

全国平均値ではこのような経験を、男性から与えられた状況には、上記のような女性も反省し、エッチが改善されるケースもありますが、同時に闇を抱えてしまっている女性の際には、そこまで自分を嫌う男性を憎み、むしろ逆恨みさえしてしまうケースなどもあります。

そのため、なかなかこのような性病の感染の拡大、感染のもととなるキャバクラ譲の人たちの経験人数の多いことについては、改善されるケースがとても少なく、また同時に男性だけでなく、女性も被害に遭ってしまうケースがあるのです。

これは、友達などが、この時には本当の友達とは言えないのですが、上記のようにプライドが高く自己顕示欲が強い女性などのパターン、性交渉などを行ったことがない女性や、経験人数がほとんどない20代女性に対して、差別的な言葉を投げかけ、相手が自棄になるように、またはあえて傷つくようにプライドをずたずたにしてから、嘘で増やして自分と同じようになるように、不幸に陥れたい、このような女性がいることがあります。

そのため、そのような人に出会ってしまい、自分の人生を台無しにされた、自分のことを信じられず、酷いケースには言葉に踊らされ、経験人数などを増やしてしまい、自殺などを考えてしまう女性もいるほどです。

このような女性の間の悪質な嫌がらせのような行為は、相手が自分より幸せで素敵な彼氏がいる状態や、優れた能力などがある女性であり、おとなしく優しい女性に向けられるもの、ターゲットにされる傾向があるとされています。