寿命

ヘッダー

いつまでも現役で遊んでいると寿命も長生きできそうなイメージ

まず寿命との関係とは、異性と性交渉、つまりセックスを行った数のことなどを言いますが、これは男性と女性とでは事情などが色々と異なっています。

これは、昔から寿命と比例するあることであり、また歴史などにもそのような経験人数について、記録が残っています。

昔の中国には、男性が一切入ることが出来ない、寿命は皇子か皇帝でないと入れない女性だけの後宮、もしくは若くて美しい女官や侍女、側室や正室の女性が集まっている場所がありましたが、この昔の中国の後宮には、美人であり美しい女官や侍女などが多く、皇帝や皇子に仕えており、また、皇子や皇太子のために、最も権力があるのは皇帝ですが、皇帝の所有物であるとされていたのが、上記の後宮に仕える女性たちであり、その数は多い場合には2000人以上にも上ったとされています。

そのため、皇帝や皇太子などの貴族、位の高い高貴な男性の場合には、美しい侍女や女官がいれば、すぐに手を出してしまい、セックスした異性がどうしても増加してしまうことなどもあり、また、美しい侍女や女官にとっても、皇帝や皇子、皇太子から性交渉を求められることは、名誉なこととされており、同時に場合によっては妃などや寵姫になることもできたため、ある意味でとても力を持つことが出来た行いでした。

このように後宮には2000人もの美しい女性が、寿命も中国全土から集められ、献上されたため、皇帝は色々な女性とたくさんの性交渉を行い、どうしても自動的にエッチの相手は多くなっています。

若々しくいることが寿命にも関係してくる

また、寿命はより多くの子孫を残すために、侍女なども経験人数の数に入っており、同時に一晩で気に入った女性に性交渉を行ってもらい、より多くの美人な妃や侍女、女官に囲まれて性交渉をしていたので、この数字については、他に類を見ないほど、多かったのではないかとされています。

それでも、昔から英雄色を好むとされているように、寿命に関わらずこのような好色な男性は、日本の徳川家康も女性好きであり、かなりの側室などやお気に入りの女性がおり、節句氏タイセイが当然多かったものですが、寿命は長寿で長生きしています。

上記のような歴代の徳川家康などや、中国の皇帝など、英雄色を好む、のような男性はエッチの相手が多いことで、このように同時に性交渉でストレスなどを発散させ、そして寿命などが長くなったのではないかとされています。

夫婦間で仲が良いと経験人数の比例よりも寿命が延びる

やはり経験人数が多ければ多いほど、魅力的な女性とときめき、性交渉で快楽を得ることが出来るため、寿命はストレスなどをためないことで、ストレスなどが少ないことやストレスが発散される関係から、自動的に伸びたり、寿命が長くなる秘訣として、上記のようにいろいろな女性と性交渉を行い、経験人数を増やすことが、子孫を増やすことにもつながるため、奨励されていた時代もありました。

そのため、上記のように美しい女性、若い女性やお気に入りの寵姫などがいれば、当然ストレス発散やときめきなどから、永遠に若さを保つことも可能であり、寿命はのばすことが、精神的には可能です。

上記のような、中国での後宮に集められた女性は容姿の美しさと同時に、必ず皇帝に献上するものであるため、寿命よりも身体検査がしっかりと行われ、これが処女でなければ、つまり性病などを全く持っていない女性でなければ侍女や宮女になることすらできなかったため、性病などにかかるリスクも少なく、そのような点でも、性病などの感染で死亡が早まるという心配はありませんでした。

寿命は上記のように、献上される女性は容姿が美しいこと、健康な体であること、魅力的であることなど、多くの項目をクリアして、初めて女官や宮女、侍女になることが出来るなどの条件があったため、またそれは側室や妃にも当てはまっていたため、寿命が侵されるとされる、心配される性病などについては、問題がなかったのです。