離婚率

ヘッダー

離婚率と比例して遊んでいる男は浮気する

離婚率の多さについて、日本ではとても増えています。

少し前の日本では、離婚などを行うことはとても恥ずかしいことであり、またもっと前では、離婚を言い渡された場合や離婚などをした場合などには、事情はどうであれ、そのような女性だった、旦那さんに仕えることがしっかりと出来ない駄目な女性として、世間から白い眼で見られる存在でした。

しかし、一方で、現在の日本ではこのように離婚に対してあまり抵抗がなくなった人たちが多くいて、決して全員の人が離婚を考えていたり、異性、旦那さん以外の男性との経験人数が多いから離婚率が増加している、このようなことだけではありませんが、経験人数が多い異性の場合、特に女性が旦那さん以外との節句↓相手などが結婚前などにも、とても多かった場合には、当然ですが、離婚率はあがります。

これは離婚率に対してなぜか?というと心理学的にも、エッチの相手が多い女性というのは、ちやほやされることが好きであり、やはり自分を見てもらいたい、性的に認められ立派な美しい女性、他の女性よりも経験人数が多いことで、自分に魅力があると思い込んでいるケースなどがあるため、異性の相手を増やし、自分に自信をつけたがる傾向があります。

エッチの相手が多ければ離婚率も高まります

離婚率と同時に、経験人数が多い自分に誇りとプライドを持っており、同時に貞操観念が欠けていることがあることから、これが平気でいろいろな人と、セックスを行ってしまいます。

そのため、離婚率は風俗やキャバクラ譲などの仕事も何のためらいもなく行い、または就職したいと考えていたところ、偶然などから結婚話などが出て、結婚をしたものの、貞操観念が他の女性よりも欠けていることから、当然ながら、結婚をしていても不倫などやホストなどと性交渉を行ってしまい、経験人数をどんどんとあげていくことに躍起になっている人もいます。

既に結婚をしていても、自分は人よりもモテる、異性としてセックスした異性が少ない女性よりも、離婚率が圧倒的に魅力的であると思い込んでしまっているため、平気で浮気などや不倫などをしてしまい、その結果、旦那さんが愛想をつかしてしまい、離婚率が上がる、このような仕組みになってしまっています。

浮気や不倫を我慢できない男性の離婚率

また、同時にセックスの相手が上記のように多いことが誇りになっている女性ほど、離婚率は貞操観念がないため、赤ちゃんなどが出来た場合にも、別に旦那さんの子供でなくてもいい、このように考えており罪悪感など一切なく、他の男性との赤ちゃんを産み、ある時に遺伝子検査などからや、血液型などから、本当には旦那さんの子供ではないことが分かった場合にでも、罪悪感のかけらがないことが多いものです。

そのため、男性としては信じられない気持ちと同時に別居して離婚を決め、その結果離婚率があがるようになっています。

このように、エッチしタイセイが多いことに誇りを持っていたり、貞操観念がない女性の場合には、ある意味では本当に人に愛され愛したことがなく、人の痛みや悲しみなどにも鈍感であるケースがあり、同時に人によっては、ライバルである魅力ある美人の女性や可愛いと呼ばれる女性、何かの才能で周囲から認められている女性に嫉妬をし、嫌がらせなどを行い、悪い噂などを流してしまい、プライドを埋めるために、またはコンプレックスを埋めるために、嫉妬などからそれらの女性に経験人数などを露骨に尋ねたりして、相手が経験人数が少ないと、それを馬鹿にする傾向などもあります。

そのような女性の場合、離婚率が経験人数の多さとは異性を魅了する力であり自分の美貌と勘違いしてしまっているケースがあり、男性からよほどに酷く注意をしてもらえない限り、そのような心が治ることはなく、同時に、年をとるにつれて、容姿などから男性から見向きもされなくなると、いじめなどにさらに走る傾向などもあります。