子宮頸がん

ヘッダー

一回でもエッチしたなら子宮頸がんはあり得ます

子宮頸がんになってしまう女性の原因は、例えば月経困難症などが辛い女性、つまり毎月の生理がとても重い人、生理の前にはイライラなどが酷かったり、気持ちが悪くなってしまったり、うつ病のような気持ちになってしまったり、酷く憂鬱で死にたくなる…また便秘や下痢などが続き、腰の痛みなどが激しく、実際に生理になる前から、このように、気分が酷く悪くなってしまう女性などが、なることがある、なりやすいか、実際に子宮頸がんの疑いがある、と医師やあんまさんに指摘されるケースなどがあります。

まずは子宮頸がんの検査については、女医さんなどが、産婦人科などで、膣の様子などを器具などを使って検査などをすることで、子宮頸がんであるかどうかが分かりますが、なかなか抵抗感のある検査方法であるため、自分から進んであまり検査を受けたがる女性はいません。

ただ、上記のように月経困難症などの女性などの場合には、先述したように異常なまでに激痛が生理痛として体に走ったりします。 腰の痛みなどやお腹の辺りが痛い、生理痛の痛み止めの薬を飲んでも寝ていても改善しない、このような症状がある場合には、子宮頸がんの可能性がある、他の人に比べて可能性が高いとされています。

ところで、これが性交渉の経験人数がある人、多い人ほど子宮頸がんになる確率が高い原因と言われていることも、これもまた事実です。

咽頭クラミジア症状【陽性者の口コミ】潜伏期間や検査や治療の薬

子宮頸がんの診断は恥ずかしいことではありません

子宮頸がんの前に昔のヨーロッパなどでは、敬虔で神様に身と心を捧げた女性は一生涯処女であり、そこで神様にお仕えすることで、信仰することで一生を終えたため、エッチした相手が1人もいない、このような女性が多くいました。

今では、日本ではあまり考えられないことかもしれませんが、実際に昔の敬虔な女性は処女で、一生涯を終えて、子宮頸がんは誰とも性交渉をすることなく経験人数も全くないまま、例えばシスターとしての暮らしをしていました。

一方で、性交渉などが控えないで盛んで、例えば風俗などで働いていた女性は当然ですが異性との、エッチ↓相手が、通常の女性に比べて圧倒的に多いものです。

そのため、経験人数が多いことが原因で、子宮頸がんになりやすいと言われており、これはウイルスなどが体に入ってしまうことで、感染がしてしまい子宮頸がんになってしまうのです。

昔の日本でも、昔の中国でも、遊郭などでは出来るだけ多くの異性とのセックスを積むことを修行とさせていたこともあります。 これがまた同時にセックスした異性が多いほど、つまりお客の数が多ければ多いほど、お店に入るお金も大きくなることから、積極的に遊女などを店に出し、体調などが悪くても複数の男性と経験人数を増やせるように、酷い扱いをしていたこともありました。

そのため、一晩で何人もの違う男性と、エッチを得て、それでも体を休める暇もないのです。 次の日も次の日も、男性とのセックスを増やすこと、お金を稼ぐことを課せられていた女性、遊女がたくさんいたのです。

当然、このような状態であるため、性病などにもかかりやすくなっています。 また、子宮頸がんは同時に男性が性病を遊郭などからうつされるケースも多発しました。

エイズや性病のチェックも子宮頸がん以外に行うこと

また、上記のような子宮頸がんですが、免疫力などが弱まっている時、例えば疲れなどがたまっている時や風邪などの時に、性交渉を行う原因で子宮頸がんになってしまうリスクが高まるとされています。

これは、体が抵抗力を失っているためウイルスなどが体に入りやすくなり、そのため、抵抗ができないままウイルスを体に入れてしまい、感染してしまうということになっています。

症状などについては、自覚できるものなどがほとんどないため、子宮頸がんに自分がなってしまったかどうかについて、あまり自覚がないまま日々を過ごす人も少なくありません。

そのため、男性の経験人数に関わらず病院などでは定期的に検査を行うように、子宮頸がんの患者さんなどに注意などを促している病院などもあるのです。