数式

ヘッダー

どれくらいセックスを過去にしたかは数式ではわからない

数式として言えば、経験人数が多い人の場合、異性との異性とのエッチが多い人の場合ほど、当然ですが、性病などにかかってしまう可能性は高くなります。

これはなぜか?というと、数式として、どうしても1人だけを一途に愛し、その人とだけ性交渉を行っている場合です。 その方が性病などを持っている場合には別ですが、一途にその人とだけ性交渉を行っている場合には、当たり前ですが性病になる確率、数式としてはまず、ほとんどありません。

0パーセントに近い形での確率となります。

ところが一方で男性でも女性でも、セックスをした相手が多くなれば、つまりいろいろな異性と性交渉、セックスを行えば行うほど、数式としては当然のことであります。

それが必然的に性病を持っている女性または男性が多くなる確率もあがります。

または性病を持っている男性や女性と出会いやすくなります。

その結果として経験人数が多い人ほど、見境なく誰とでもセックスなどを行っていれば、中には性病を持っている人がいる確率もあがるため、性病などになってしまう可能性はあがります。

これは、昔の中国などの場合、例えば明朝などの時代などの場合には、いくら、これが異性のエッチが皇族などの皇帝や皇太子などが多くてもです。

このように性病になる確率はかなり低い、このような数式になります。

内容や中身は数式で判断する事は不可能

これは数式はなぜか?というと、事前に後宮に入ることが出来る女性は、かなりの厳しい検査を通過して後宮に入ることが出きるためです。 当然ながらエイズなどを持っている女性などは、後宮に入ることなどは出来ません。

数式に対してこれは妃だけでなく、後宮で働く女官や侍女、このような人たちも皇帝の妃候補となることがあるため、上記のような厳しい性病などの検査などを行い、当然ながらセックスの相手が1人でもある人の場合には、絶対に後宮に入ることが出来ません。

なぜか?というと全ての後宮の女性は、美しい女性は侍女であっても女官であっても、たとえ妃などでなくても皇帝のものであるとされており、これは1人でも誰か異性と経験人数を持った女性、つまり処女でなくなった女性などはレイプされてしまったなどの事情があっても、処女でないことから皇帝にはふさわしくないとして、侍女などの候補などからも外されてしまうからです。

そのため、数式として見ても、このように昔の中国のような後宮のような場所になると、過去にエッチをした異性が多い場合でも、これは例えば皇帝が、いくら色々な女性と性交渉を行い、過去の回数を重ねても性病になる確率というものは0パーセントに近いものです。

数式よりも相手の性格を見て判断しましょう

また、経験人数の数式だけでなく同時に当時の後宮などは厳しく、定期的に健康診断などが行われることなどがあり、病気になっていないかなども当然チェックをされるためです。 エッチした異性を貴人がいくら行っても、現在の日本のように不治の病のエイズになってしまう…このような確率はとても低いものなのです。

これは、数式でも時代が変わって昔の明治の初め頃などの遊郭や江戸時代の遊郭でも、検査は行われていました。

そのため、性病になってしまった遊郭の女性はクビにされるか酷い経営者の場合には、数式ではそのままお店に出してしまい、そしていろいろな男性との性交渉を行わせることで、店の経営を少しでもよくし、利益をあげるため、女郎が性病を持っていてもお客の相手をさせてしまうため、当然、数式として、日本人の多くの男性が遊郭などから梅毒などの性病をうつされることがありました。

これは、お店ごとにも異なっていたとされており、数式だけでなく大名などが行くようなお店や遊郭、太夫などの場合には、このようなことにはならなかったであろうとされていますが、下級の女郎宿のような、環境が悪い場所では上記のように経営のために、利益のために性病であろうがなかろうが働かされた結果、梅毒などが蔓延してしまった、このような時代があったのです。